このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット接続の見直しの必要性

自宅や事務所などにサーバーを設置して、サイトを公開する場合、既にプロバイダーとの契約があってインターネットからサーバーを参照できる状態であっても、場合によっては、その契約を見直したり、新たな契約を追加しなければならないことがあります。
それは、「固定のIPアドレス」を持っているかどうかと「ダイナミックDNS」が使えるかどうかで変わってきます。
(なお、レンタルサーバーやクラウドサービスを利用している場合、そちらの契約の方で固定IPアドレスの取得が必要になることもあります)

まず、固定のIPアドレスを持っているのであれば、そのプロバイダとの契約に変更は必要ありません。しかし、固定のIPアドレスを持っていない場合、次のいずれかの選択肢を選ばないと自宅サイトの公開ができません。
・固定IPの契約を追加する
・契約はそのままでダイナミックDNSを使えるようにする
ダイナミックDNSが何か分からないのであれば、その選択肢は選ばないほうが良いでしょう。
インターネット側としては、ダイナミックDNSのように、1つのドメイン名に対してIPアドレスが頻繁に変わるのはあまりよいことではありませんので。
 

なぜ、固定のIPアドレスが必要なのか

通常のインターネット接続では、光回線等を使用してインターネットプロバイダーとの契約時に付与されたアカウント(ユーザー名、パスワード)で接続しますが、この時付与されるIPアドレスは、DHCPによって動的にIPアドレスが割り振られるのがほとんどです。つまり、プロバイダーと接続するたびにIPアドレスが変わります。
しかし、サイトを公開する場合、基本的には「固定のIPアドレス」である必要があります。なぜなら、IPアドレスが固定であるからこそ、そこが住所となり、表札(ドメイン)ができるわけです。

動的に付与されるIPアドレスでもダイナミックDNSによって、その時のIPアドレスに対してドメインを割り当てることもできますが、IPアドレスが変わったらダイナミックDNSの情報も書き換える必要があるなどの手間が発生します。IO-DATAやBuffaloといったメジャーなWi-Fiルーターメーカーであれば、ダイナミックDNSに対応できますが、やはり固定IPを取得する方が、確実かつ安定的です。
ですので、サイトを構築し、公開しようとお考えであれば、現在のプロバイダでも固定IPを取得することができれば、契約変更して固定のIPアドレスを取得することをお勧めします。

固定IPアドレスの取得

固定IPアドレスは、多くのプロバイダで追加サービスとして契約できます。
もし、現在固定IPを持っていないのであれば、これを機に固定IPを1つ取得し、次の記事で説明するドメインの取得を行ってください。
サイトを公開するためには、ドメインの取得は絶対に必要であり、ドメインにはIPアドレスが必要ですので。

固定IPアドレスの価格は、プロバイダーによって様々ですが、当サイトは、プロバイダとしては、固定IPとドメイン取得の両方ができるインターリンクをお勧めします。
値段も固定IPアドレス1つで1000円の追加でできますし、ドメイン取得も同社の「ゴンベエ」で取得できます。以下、当サイトの契約しているプロバイダーを紹介します。

インターリンクの紹介
●無料体験が最大2ヶ月。
●違約金なし。いつでもやめられる。
●最速3分で利用開始。すぐ使えます。
○さらに固定IPにも対応(IP1~128の豊富なラインナップは業界屈指)
 

サイト構築・公開を契機に、プロバイダーの乗り換えをするのも良いと思います。
サイトを公開すると、固定のIPアドレス料金がずっとかかってきますので。

今回は、サイトの構築して公開するためには、固定のIPアドレスが必要であることを紹介しました。ダイナミックDNS環境が構築できるのであれば固定のIPアドレスは必須ではありませんが、当サイトとしては、固定のIPアドレスの取得をお勧めします。