自分でサイトを立ち上げる願望

多くのWebサイトを見てきた人は、いつしか「自分のサイトを立ち上げ運用したい」という願望にかられることがあります。例えば、これまでブログサイトで記事を書いていたけど、ブログだと物足りない・制約がある・自由なカスタマイズができない、などの不満が理由となり、自分だけのサイトを立ち上げたいと思っている方は大勢いると思います。
当サイトの管理者(tomizo_no.2)もその一人で、これまで、いくつかのブログやSNSなどを経験してきましたが、世の中のためになるような自分だけの世界(サイト)を作っていこうと思って、このサイトを構築し、インターネット上に公開しました。
ここでは、これから自分だけのサイトを立ち上げるためのいくつかの方法やメリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

サイトを立ち上げるために必要な事項

まず、「サイトを立ち上げるには、何が必要か?」ということを知らないと、自分だけのサイトどころか、いつまでも他社・他者のサイトの上でしか情報発信できません。
サイトを立ち上げるということは、色々な知識と労力、そして契約が必要になります。
サイトを立ち上げるには、大体以下のようなことが必要になります。
1.サイト用サーバーの構築
2.サイト運営に必要なインターネットサービスの構築
3.サイトコンテンツの作成
4.インターネット環境の契約、プロバイダの選定
5.ドメインの取得
6.サイトの運用・保守

よく勘違いされるのが、サイトの立ち上げに必要なのは、「3 サイトコンテンツ作成」であるということです。しかし、自分のサイトを立ち上げるのはそれだけではありません。
そのサイトコンテンツ公開する環境を作り、そして運営する労力や契約が必要です。

 

これから紹介していく内容

これらのやり方について、これからもう少し細かいところまで以下のように紹介していこうと思います。

1.サイト用サーバー構築
2.サイトコンテンツの作成環境の構築
3.プロバイダの選定
4.ドメインの取得
5.サイト運営に必要なインターネットサービスの契約
6.サイトの運用・保守
7.その他運用ノウハウ

次回から、サイト構築の基本中の基本である、サイト構築から紹介します。
なお、このサイト構築のススメの内容は、当サイトの構築の経験を元に執筆していますので、多少なりとも当サイトが選んだ方法を推す場面もありますが、ご了承ください。