このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年は、「仮想通貨元年」ともいわれるように、ビットコイン(Bitcoin[BTC])を始めとして多くの仮想通貨(暗号資産)が流行りました。筆者も、最初は一儲けしたいというささやかな欲望から少額で投機的な(ギャンブル的な)売買をしていましたが、素人がする取引なので、良い結果は出せませんでした。

2018年は、いくつもの取引所のハッキング事件などもあって、大きく相場が崩れました。多くの方が、「仮想通貨バブルは崩壊した」(オワコン)と思ったことでしょう。

いいえ、そんなことはないと筆者は思います。
確かに仮想通貨のマイニングでは利益は上がらなくなりましたが、今後、再びバブルほどではなくとも盛り上がり、世界の人々に認められるデジタル通貨になると期待しています。

筆者は、プログラマーであることから、この仮想通貨に関わるソフトウェア開発技術に非常に注目しています。特に中核技術であるブロックチェーンについては、非常に高度な仕組みで出来ていることから、この分野についてもっと深い知識を追求してみたいと思いました。

仮想通貨は、まさに技術力が価値として認められたからこそ、資産と成り得たのです。
そして、できる事なら、一攫千金とまでは行かなくとも、ある程度の収益も得たいと目論んでいます。そのため、幾つかの取引所(国内、国外)で少額(~1万円程度、無くしてもそれほど痛くない程度)の取引をしたり、自作PCを作ってマイニングしたりしています。

これから、仮想通貨(暗号資産)について、思ったこと、勉強したこと、実践したこと、儲かった/損したことなど、ブログ的に綴っていこうと思います。
できる事なら、私自身が仮想通貨の開発チームに入れるように技術力を高め、本業のソフトウェア開発業務にも活用していきたいと考えています。

仮想通貨(暗号資産)の未来に期待して、今回はこれにて。