このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
目次

はじめに

前回は、Kali Linuxの概要について紹介しました。今回は、実際にKali Linuxをインストールする手順の概要を紹介します。今回のインストールのターゲットは、2021年2月時点で最新版の2020.4というバージョンです。

入手方法

Kali Linuxを入手するためには、本家サイト(https://www.kali.org/)の下図の「Downloads」(https://www.kali.org/downloads/)からインストーラーのイメージファイルをダウンロードします。
kali_001_00.png
今回は、「Kali Linux 64-Bit (Installer)」をダウンロードし、このisoファイルをインストールメディアとして使用しました。インストール時は、このインストールメディアから起動します。

インストール手順

kari_001_01.png
[インストール起動画面]

「Graphical install」を選択して「Enter」を押します。

kali_001_02.png
[select a language]

「 Japanese - 日本語」を選択し、「Continue」をクリックします。

 

kali_001_03.png
[場所の選択]

「 日本」を選択し、「続ける」をクリックします。

 

kali_001_04.png
[キーボードの設定]

「日本語」を選択し、「続ける」をクリックします。

(ここでしばらく待ちます)

kali_001_05.png
[ネットワークの設定]

ホスト名を入力して、「続ける」をクリックします。

 

kali_001_06.png
[ネットワークの設定]

ドメイン名を入力して「続ける」をクリックします。ドメイン名が無い場合は、適当な名前でもよいです。

 

kali_001_07.png
[ユーザーとパスワードのセットアップ](1)

ユーザー名(フルネーム推奨)を入力し、「続ける」をクリックします。

 

kali_001_08.png
[ユーザーとパスワードのセットアップ](2)

ユーザー名(アカウント名)を入力して「続ける」をクリックします。

 

kali_001_09.png
[ユーザーとパスワードのセットアップ](3)

パスワードを入力して「続ける」をクリックします。
 

kali_001_10.png
[ディスクのパーティショニング](1)

「ガイド・ディスク全体を使う」を選択して「続ける」をクリックします。
LVMや暗号化などは必要であれば、そちらを選んでください。また、細かくパーティショニングを行う場合は手動を選んでください。

 

kali_001_11.png
[ディスクのパーティショニング](2)

ディスクを選択し、「続ける」をクリックします。

 

kali_001_12.png
[ディスクのパーティショニング](3)

いずれかを選んで「続ける」をクリックします。もっとも無難なのは「すべてのファイルを1つのパーティションに(初心者ユーザーには推奨)です。

 

kali_001_13.png
[ディスクのパーティショニング}(4)

「パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み」を選択して「続ける」をクリックします。

 

kali_001_14.png
[ディスクのパーティショニング](5)

「はい」を選択し、「続ける」をクリックします。

 

kari_001_15.png
(ディスクのパーティショニングとベースシステムのインストール)
kali_001_16.png
ソフトウェアの選択

このままの選択で「続ける」をクリックします。GNOMEなど必要に応じてチェックを入れてもよいですが、筆者は「large」を選択したらインストールが途中で失敗してしまった経験があるので、そのままを推奨します。

 

kari_001_17.png
(ソフトウェアの選択とインストール...かなり時間がかかります)

 

kari_001_18.png
(インストールの完了...もう少しです)

 

kali_001_19.png
[インストールの完了]

「続ける」をクリックすると再起動します。

Kali Linuxの起動後のイメージ

インストール後の起動イメージは下図のような感じです。

kari_001_20.png
[ブート画面]

ブート画面が非常にかっこいいです。「さすがハッカーの御用達OS」というかんじですね。

kari_001_21.png
[起動中]
 
kari_001_22.png
[ログイン画面]

 

kari_001_23.png
[ログイン後のデスクトップ]

デスクトップというか背景のKALIのロゴがかっこいいですね。
表示はすでにある程度日本語化されていますが、初期設定で日本語環境の整備が必要です。

まとめ

今回は、Kali Linux 2020.4のインストール手順概要を紹介しました。
このKali Linuxに関する記事は、筆者自身の実践力向上と情報発信を目的に今後も継続していきます。
次回は、Kali Linux 2020.4のインストール後の日本語入力などの初期設定について紹介します。

関連記事
s-py.png

(8)Pythonの仮想環境をバージョン指定で切り替える

2021/03/05 13:48
Anacondaの有償化の対策として、Windows上での複数のPythonのバージョンの仮想環境の作成方法を紹介します。 この方法により、Anacondaほどではありませんが、自分の作ったテンプレート的な仮想環境を使いまわすことが可能になります。
kali-linux-raspi.png

Kali Linux 2020.4のインストール手順(Raspberry Pi 4B版)

2021/02/23 21:57
Raspberry Pi 4BにKali Linux 2020.4を入れてみたときの手順を紹介します。
kali-linux.png

Kali Linux 2020.4 のインストール後の初期設定

2021/02/20 14:00
Kali Linux 2020.4のインストール後の初期設定の手順概要を紹介します。
kali-linux.png

Kali Linuxとは

2021/02/14 23:01
Kali Linux(カーリー・リナックス/カリ・リナックス)は、ペネトレーションテストを主な目的としているDebianベースのLinuxディストリビューションです。Kali…
visual-studio-code-word.png

Visual Studio Codeでソフトウェア設計書(Word文書)を書く環境を作る(PlantUMLによる作図1)

2019/05/30 11:02
Visual Studio Code(VSCode)でMarkdown Preview EnhancedとPlantUMLを使ってテキストだけでWord形式の文書を生成する方法を練習してみます。
visual-studio-code-word.png

Visual Studio Codeでソフトウェア設計書(Word文書)を書く環境を作る(設計書のテンプレートを作る)

2019/05/25 17:06
Visual Studio Code(VSCode)でMarkdown Preview EnhancedとPlantUMLを使ってテキストだけでWord形式のソフトウェア設計書を実際に生成します。
visual-studio-code-word.png

Visual Studio Codeでソフトウェア設計書(Word文書)を書く環境を作る(環境構築2)

2019/05/21 17:58
Visual Studio Code(VSCode)でMarkdown Preview EnhancedとPlantUMLを使ってテキストだけでWord形式文書を生成するために必要な拡張機能のインストール方法と設定を紹介します。
visual-studio-code-word.png

Visual Studio Codeでソフトウェア設計書(Word文書)を書く環境を作る(環境構築1)

2019/05/20 23:54
Visual Studio Code(VSCode)でMarkdown Preview EnhancedとPlantUMLを使ってテキストだけでWord形式文書を生成するために必要なソフトウェアのインストール方法を紹介します。
visual-studio-code-word.png

Visual Studio Codeでソフトウェア設計書(Word文書)を書く環境を作る(概要)

2019/05/18 23:43
Visual Studio Code(VSCode)でMarkdown Preview EnhancedとPlantUMLを使ってテキストだけでWord形式文書を生成するために必要なソフトウェアを紹介します。
visual-studio-code.png

Visual Studio CodeでProxy(認証あり)を設定する方法

2019/05/17 1:51
Visual Studio Code (VSCode)で認証のあるProxyを設定する方法を紹介します。