このエントリーをはてなブックマークに追加

父の作ったちゃんこ鍋、子どもの頃から好きでした。
今では、我が子も好きなメニューです。

材料

  • 鶏もも肉
  • 豚バラ肉(切り落としでも不可ではない)
  • ごぼう
  • 大根
  • 人参
  • 干ししいたけやしめじ、えのき、生しいたけなどお好みのきのこ
  • しらたき
  • ラーメンスープの素(しょうゆ味)

2018110501.jpg

2018110502.jpg

分量は、使う鍋に入りきる量で、それぞれの材料のバランスはお好みでOK。

次に適当な大きさに切ります。

2018110503.jpg

2018110504.jpg
 

薄め、小さめに切れば、火の通りが早いです。
また、口の小さい子どもや、噛む力が弱い方、歯の調子がよくない方なども食べやすいです。
厚め、大きめに切ると噛みごたえがあるので、しっかり噛んで食べたい方におすすめです。
しっかり噛むと、顎まわりが鍛えられます。食べる量が少しでも満腹感を得られます。脳が活性化します。認知症予防にもなります。

鍋に大根、人参、ごぼうなど硬い野菜を入れ、それらが浸るかそれより少し多めの水を入れ煮ます。干し椎茸を入れたい場合、戻し忘れてしまったら、この時入れても間に合います。
2018110505.jpg

沸騰したら肉類を入れます。
入れたら少しほぐしておきます。
2018110506.jpg

もう一度沸騰したら、残りの具材を入れて、全ての具材に火が通るまで煮ます。

煮ている途中、あくが気になる場合は適宜とってください。

仕上げにラーメンスープを入れます。
濃さはお好みで。
鶏がらスープの素を入れて鶏だし感をアップさせてもおいしくなります。

少し煮込めばできあがりです。

2018110507.jpg
ちょっとひと手間、大根や人参を型抜きするとかわいらしく仕上がります。
もちろん、抜いた枠の方も底のほうに入っています。
おいしくいただいたあと、〆はラーメンが我が家の定番です。

参考にして頂ければ幸いです。

トピックス